ドコモ・バイクシェア 1.9.1 APK (MOD/Premium)

ドコモ・バイクシェア 1.9.1 APK (MOD/Premium)

App Information of ドコモ・バイクシェア 1.9.1 APK (MOD/Premium)

App Name ドコモ・バイクシェア - バイクシェアサービス v
Genre Apps, Travel & Local
Size
Latest Version
Get it On Google Play
Update2022-08-28T00:00:00.000Z
Package Namejp.docomo_cycle.bikeshare
Rating
Installs100K+

Description of ドコモ・バイクシェア - バイクシェアサービス APK MOD (Unlimited Money) for android

【主な機能】
1. バイクシェアサービスの自転車の鍵を解錠します。
2.自転車の台数やバッテリー状況が一目でわかります。
3. ステータス(予約なし、予約中、利用中)により、乗車時に必要な情報(自転車番号、パスコード)がすぐに確認できます。
4. 自転車の返却後に利用履歴で利用料金が確認できます。

【ご利用方法】
まずは会員登録。アプリをインストールしたらご登録ください。
※事業者によって料金プラン等が異なります。詳細は、サービスサイトをご確認ください。
※支払い方法は、クレジットカードまたはドコモ払いです。ドコモ払いをご希望の方は「dアカウントで利用する」、クレジットカード払いの方は、「バイクシェアアカウントで利用する」からご登録ください。

<サイクルポートを探す>
利用するサイクルポートを見つけ、自転車をご予約ください。
※アカウントメニューから、カードキー・スマホキーを登録すると、「START」または「開始」ボタン後、パネルにタッチすることで鍵が開き自転車の利用が可能です。ぜひご利用ください。
※バッテリー残量は、目安としてご確認ください。

<ポートに行ったら乗車の前に>
・バッテリー残量、ブレーキの効き、ハンドルの状態、ベルの鳴り、タイヤの空気圧をご確認ください。
・サドルの高さを調整し、安全にご走行ください。

<鍵を開ける>
ポートにある自転車は、ロックがかかっています。
アプリを開き、ポート詳細から自転車を予約するか、「鍵を開ける」メニューから鍵の種類を選んだ後、以下の方法でご利用を開始してください。
※自転車鍵の種類によって、解錠方法が異なります。
1. 四角い鍵の場合:自転車操作パネルの「START」ボタンを押して、予約時のパスコード(4桁)を入力して解錠する。
2. 丸い鍵の場合:自転車操作パネルの「開始」ボタンを押して、QRコードを読み取り解錠する。
3. 登録済みのカードキー(ICカード)・スマホキーの場合:直接自転車にカードをかざして借りる。

<返却時の確認>
・アプリで返却ポートをご確認ください。(ポートによっては駐輪台数の制限、利用時間制限または休止がありますのでご注意ください。)
・サイクルポートに行き、手動で鍵をかけたら自転車操作パネルの「ENTER」ボタンを押します。。
・アプリに返却通知が届きましたら返却完了です。アプリの利用履歴等もご確認ください。
・東京で借りて横浜や川崎で返すなど、サービスエリアを跨いでの返却はできません。
※練馬区については相互乗り入れできないため、練馬区内で返却ください。

【お支払い方法】
クレジットカード払いをご利用いただけます。
※ドコモ払いをご利用いただける事業者もございます。

【こんな方にオススメ】
通勤・通学、街乗り、観光、リフレッシュや運動に便利です。

【自転車シェアリングとは?】
乗りたい時に借りて、行きたい場所で返すことができる自転車のシェアリングサービスです。

【ご利用上の注意】
※本アプリケーションは無料です。
※本アプリケーションのご利用には、インターネット接続が必要となります。 海外のパケット通信は、高額となる事がありますのでご注意ください
※アプリケーションのご利用に、パケット通信料がかかりますので、パケット定額サービスのご契約をお勧めします。
※本アプリケーションは、端末の位置情報を利用します。
※料金プランは別途サービスサイトをご確認ください。
※ご利用前に、必ず利用規約お読みください。
※自転車シェア(共有)するサービスです。次のユーザが気持ちよく利用できるようご配慮ください。
※自転車の占有、放置等についてはおやめください。
※自転車は交通ルールを守り、安全運転で走行ください。

MOD ID : jp.docomo_cycle.bikeshare

Leave a Reply

Your email address will not be published.